All seasons portfolio 10月運用実績

皆様、チャオです。

エリ窓です。

以前ご紹介致しました株式投資戦略All seasons portfolioの投資開始から約1ヶ月が経過致しました。

関連記事はこちら↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

皆様 チャオ。 今まで窓際になるための必要知識としての労働法ネタをアウトプットしてきました。 しかしながらツイッターのアンケートで株...

 

皆さま、チャオ。 エリ窓です。 本日も前回に引き続き、投資について記事を書いて行こうと思います! 先日私自身が行っている投資の...

 

 

今回はその結果とファインディングスの共有をさせて頂きます。

結果

数値結果

結論から申し上げます。

投資開始日(2019/10/02)から0.84%成長しました!

⚠︎為替の影響を除外するために、円換算ではなくUSドルで評価しています。

こう書くとなんかしょぼい数字に見えますが、1ヶ月でこの成長率ということは12乗すると1年間の期待成長率が算出できますよね。

ちなみに100.84%の12乗数は110.6%です。複利って素晴らしい。

因みにエリ窓流All seasons portfolioは、資産を以下の比率で構成します。

1) 金:15%

2) 米国株式:30% 

3) 中期米国債(7〜10年満期):15%

4) 長期米国債(20〜25年満期):40%

因みにすべての銘柄のETF(Exchange Traded Fundsの略で、「上場投資信託」と呼ばれています。)を楽天証券に購入することができます。

All seasons portfolioを購入されたい方は楽天証券で口座開設しましょう!

結果分析

もう少し詳細を見てみましょう。

以下の図が私が投資開始日から毎日投資の実績をトラッキングしている管理エクセルの画像です。

我ながら金がかかってくるとぞっとするくらいマメですね笑。

銘柄毎にみていきますと以下の結果になりました。

1) 金:2.1%上昇

2) 米国株式:4.6%上昇

3) 中期米国債(7〜10年満期):0.4%減少

4) 長期米国債(20〜25年満期):1.9%減少

国債は結果として下がっているのですが、10月には配当金をだしております。

私も投資を開始してから気づいたのですがアメリカのETFて法律で四半期一回配当金をださないといけない、と定められているのですね。

因みに0.84%の上昇の中には配当金分は含まれていないので、なかなか 優秀な成長率と言えます。

また1ヶ月とう短い運用期間にはなりますが以下のことを感じています。

①米国株式が下落した場合、長期国債は即日中に上昇する(強い補完関係にある)

②逆に長期国債が下落した場合、米国株式は一週間ほど遅れて上昇する。

③金は3日ほど遅れて、米国株式と連動して上下する。

④中期国債の上下の基準は今のところ不明瞭。

さらによく知るために

このAll seasons portfolio を更によく知るために今月、この本を読みました。

アンソニーロビンズさんという、アメリカの自己啓発書作家、NLPコーチング出身のコーチが2017年に書かれた本なのですが、感想としては「感無量」の一言です。

過去に様々な投資に関する本を読んで参りましたが、ここまで簡潔に投資に関する基礎知識をわかりやすく解説してくれる本はありませんでした。

なぜ素人投資家の多くが損失を出すのか、巷で言われている投資にまつわる虚言などを暴露してくれています。

30になる前に読むべき本ナンバーワンかもしれないですね。

本国の米国でも以下のように賞賛されております。

◇「彼には、皆にひらめきを与える力がある」
――ビル・クリントン(元米国大統領)

◇「トニー・ロビンズは、複雑なことをわかりやすく説明する天才だ」
――レイ・ダリオ(ブリッジウォーター・アソシエイツ創業者

◇「本書はあなたに経済的自由を手に入れるための気づきを与えてくれるはずだ」
――ジョン・C・ボーグル(バンガード・グループ創業者)

◇「全ての投資家は、この本を非常に興味深く、啓蒙的だと思うだろう」
――カール・アイカーン(著名投資家)

◇「金儲け情報が詰まった金の山! 」
――スティーブ・フォーブス(『フォーブス』誌発行人)

著者より
本書では、私が個人資産に関する「賢いサーチ・エンジン」になって、余計な、ときに有害な金融情報は取り除き、シンプルで明確な考え方だけを読者の手元にお届けする。

本書で明らかにされたシンプルな「原則」を実践に移せる読者は、必ず経済の荒波を生き抜いていけるだろう。
……………………アンソニー・ロビンズ

解説者より
日本の読者が投資を勉強するのに大変よい本。運用のプロでも、皆が知りたいと思うような、わくわくするテーマを扱っている。 ……………………山崎元

この本をなん往復かして熟読し、完全に内容を咀嚼することができましたら、記事にしてまとめますので、お楽しみに!

それでは皆さま

本日はこれにて失礼します。

 COMMENT

関連記事

株式投資_総論

窓際族になったからこそ得られたモノ

株式投資の基礎知識_損益計算書

守りの資産運用_All seasons portfolio